プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

GNDガードのパターン幅を考慮する

プリント基板を設計するにあたっては、 クロックやリセット信号をGNDガードする場合があります。 上記の例では、信号線(黄色)を囲うようにGNDパターンを配線しています。 しかし、パターン幅が信号線よりも細いパターンとなっているため、 ガードパターンの効果がほとんどありません。

プリント基板設計時、 クロックやリセット信号のGNDガードの配線幅をビアと同程度まで太くしています。 これにより、GNDガードパターン中にビアを入れることができ、 ガードパターンの効果を得られます。

GNDガードパターンは、ただ配線しておけば効果があるわけではありません。 GNDパターンを適切に処理しておかなければ、逆効果となる場合もあります。 ガードパターンの配線幅にも注意が必要です。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー