プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

浮島を作らない

プリント基板のパターン設計時、GNDなどのベタ面を自動発生させた場合、 どこにも接続されていない「浮島」ができることがあります。CAD上はGNDになっていますが、 接続がありませんので電気的に浮いた状態となります。 この「浮島」がアンテナとなりノイズの影響を受けることになります。

GNDなどのベタ面を自動発生させた場合、「浮島」を作らない設定にしておくか、 手動で削除しておく必要があります。 ベタの処理を適切に行なうことがノイズ対策につながります。

GNDベタといってもノイズを発生させる原因にもなります。 どこにも接続がありませんので電気的に浮いた状態となります。 このような場合はビアを入れ裏面に接続するか、裏面にパターンがあってビアを 入れられない際にはGNDベタをカットします。

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー