プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

パスコンは容量の小さい順に配置する

ノイズ対策を行なうためにコンデンサを使用する場合、周波数特性によってどのようなコンデンサ を選定するかが重要になりますが、プリント基板上に配置する順番を考慮することも重要です。 上記の例では、ICから見て、容量の大きな順番にコンデンサが実装されています。

上記の例ではICの側から見て、コンデンサが容量の小さい順に実装されています。 このようにコンデンサを使用することで、はじめてコンデンサの周波数特性に応じたノイズを除去 することができます。 ICから見て容量の大きな順にコンデンサを実装してもノイズ除去効果を得ることはできません。

コンデンサには周波数特性があり、パスコンとして使用する際には除去したいノイズの 周波数によって、最適な容量のコンデンサを使用します。 そのパスコンを並列で配置する場合には、配線によるインダクタの影響を小さくするよう、 ICから見て容量の小さい順に配置を行ない、ノイズ除去効果を最大にすることが必要です。

 

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー