プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

コイル下のGNDパターンはベタ抜きにする

プリント基板上でノイズ対策を行なう際、ノイズ対策部品およびパターンの 各々対策を行いますが、相互の影響も考慮して対策を行なうことが最も効果的です。 プリント基板上でコイルを使用する際、コイルの下がGNDベタとなっていると 基板パターンのキャパシタンスの影響を受けノイズが発生しやすくなります。

ノイズを押さえたプリント基板を設計するには、ノイズ対策部品とパターンの双方の 影響を考慮して設計するようにします。 コイルを使用する場合は基板パターンのキャパシタンスの影響を回避するために、 コイルを実装するプリント基板の下はGNDベタを抜くことでノイズの影響を 無くします。

ノイズの少ないプリント基板を作成するにあたっては、設計段階からノイズの影響を受けに くいパターン設計を行なうことが必要ですが、使用するデバイスや部品とプリント基板のパ ターンとの干渉についても考慮しておくことが重要です。 コイルを使用する際はパターンが持つキャパシタンスの影響を無くすために、コイルの下 はベタを抜くノイズ対策を行ないます。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー