プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

電流の流れを考慮して入力側コンデンサを使用する

ノイズ低減を目的としてICの入力部にコンデンサを使用する場合は、電流の経路に注意してプリ ント基板上の配置を設計します。上記の例では、抵抗からの配線が、ICへの接続とコンデンサへ の接続に分かれています。このような部品配置・回路になるとコンデンサによる想定したノイズ低 減能力を得ることができません。

コンデンサを挿入することでノイズ低減効果を得るには、上記のように、抵抗からの配線が、コン デンサを経由してICに接続されるようにプリント基板の設計を行ないます。このように電流の流れ を考え、正しい経路で配線されているかをチェックすることが、ノイズの小さい回路を設計する上で の重要なポイントです。

ノイズの低減を目的として使用されるコンデンサは、ただICの近くに配置すればよいだけで はありません。電流の流れを考慮し、抵抗と併用する場合は抵抗⇒コンデンサ⇒IC端子と なるようにします。例えば抵抗からの配線が分岐してしまうなど、コンデンサを経由していな い配線は、コンデンサのノイズ低減効果を得られにくくなります

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー