プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

スイッチング部のループは小さくする

プリント基板の回路にスイッチング電源を使用する場合があります。 インダクタ、ダイオード、コンデンサの回路となっていますが、このループが大きいと ノイズを発生します。 上記の例はGND(青)のパターンが長くなっており、大きなループとなっています。

スイッチング電源のインダクタ、ダイオード、コンデンサの回路は、太く短く配線し、 電流のループが最小になるように注意します。 これにより放射ノイズを最小限に低減することができます。

プリント基板にスイッチング電源回路を使用する場合、スイッチング部のパターン配線は、 太く最短で配線します。 ループ面積を最小にすることで放射ノイズの低減を図ります。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー