プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

差動ペア信号は等長平行配線を行う

差動配線は、平行にパターン配線を行うと述べましたが、等長とすることも重要です。 配線長の調整にも注意が必要となります。 上記のように、片方をミアンダ配線にして配線長を調整すると、その間のパターン間隔が変わり、 インピーダンスコントロールを行っている場合、特性インピーダンスの不整合が発生します。

差動で動作する信号ラインの場合は、上記のように極力パターン間隔を保ちながら 配線長を調整します。 特性インピーダンスを保つことで、ノイズに強いプリント基板設計となります。

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー