プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

GNDプレーンを分離しない

ノイズを低減させるプリント基板を設計する際には、 リターンパスを確保することがポイントの一つです。 上記のパターン例では、 GNDベタの細長い端が繋がっておらず、GNDパターンが分断されているため、 リターンパスが確保できていない状態となります。 このようなパターンになるとプリント基板からノイズが出る恐れがあります。

上記のプリント基板のパターンがリターンパスを確保できている良い例です。 GNDベタの細長い端を接続することでリターンパスを確保しているので、 ノイズ低減に効果を発揮します。 高速伝送線路や高周波回路などノイズを特にケアをする必要のある回路は、 必ずリターンパスを確保するように設計を行なう対策が必要です。

高周波回路など特にノイズ低減が必須となる回路の場合は、必ずリターンパスを確保できるように設計します。高速信号の場合は、信号線直下のベタ層を通って信号が戻ることで回路を形成するといわれています。従って、正しいリターンパスが確保されていないと、ループが大きくなりノイズが増大する原因となるので注意が必要です。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー