プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

GNDベタがノイズのアンテナとならない様にする

プリント基板のGNDベタのパターン設計でもノイズを発生させてしまうケースがあります。 上記の赤丸部分は細長くなっており、さらにビアも入っていません。このようなケースはGNDベタ でもノイズを出したり、拾ったりしてしまうアンテナになってしまう原因になります。 ノイズを考慮するとGNDベタをとにかく大きく取ればよいという訳ではありません。

GNDベタも細長い場合はアンテナとなり、ノイズを発生したり拾ったりしてしまうので、プリント基板 の裏面にパターンがある等の理由でどうしてもビアが入れられない場合は、上記のようにベタを カットし対策します。 もちろん、適切な位置にビアを打つことが出来れば、ノイズ発生の懸念は小さくなります。

GNDベタといってもノイズを発生させる原因にもなります。特に部品レイアウトや配線の 都合上、GNDを細長くしか取れない場合は、GNDベタ自身がアンテナの役目を果たし ノイズを出したり拾ったりしてしまいます。このような場合は適切な位置にビアを入れるか、 裏面にパターンがあってビアを入れられない際にはGNDベタをカットします。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー