プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

基板外周をGNDベタで囲う

プリント基板を設計するにあたっては、 基板外からのノイズの影響を考慮する必要があります。 また、基板外へノイズを放出させないことも重要です。 上記は白いラインが基板外形です。 信号ラインが基板端を通る配線となっており、外部からのノイズの影響を受けやすくなって います。

上記の改善例では、基板外周をGNDベタで囲うようにし、信号配線はその内側となるように しています。 GNDベタには等間隔でビアを入れ内層に接続しています。 これにより外部からのノイズの影響を受けにくく、また、外部へノイズを放出しにくい設計と なっています。

プリント基板設計時には、基板外部からのノイズの影響と基板外部へのノイズの影響を 考慮する必要があります。 基板外周をGNDとすることで両方に対して効果のある設計とすることができます。

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー