プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

フィルタ前後のパターンの接近に注意する

ノイズ対策のために使用するフィルタも、 ただフィルタを使用するだけでは想定したノイズ対策効果を得ることができません。 上記の例では、フィルタを使ってノイズを除去しようとしていますが、 プリント基板上のフィルタに入る前の配線と出た後の配線でパターンが接近しています。 このようにフィルタの前後のパターンが近接すると せっかくフィルタでノイズが除去できても、また拾ってしまうことに繋がります。

プリント基板上でフィルタを使用する際には、 上記のようにフィルタに入る前と出た後のパターンの距離を十分に取るようにすることが 重要です。 この距離が十分に取れていないと、せっかくフィルタで想定したノイズを除去できても、 フィルタを出た後のパターンが再度ノイズを拾ってしまうことに繋がります。

プリント基板上ではノイズ対策用の様々な部品が使用されますが、ただ部品を使用するだ けでは想定したノイズ除去効果を得ることはできません。 特にプリント基板上に実装するチップタイプのノイズ除去用の部品については、除去する 前と除去した後のパターンが接近しないように、部品配置やパターン設計を行なう必要が あります。 

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー