プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

水晶発振子(発振器)下にはパターンを通さない

基準クロックの生成のために使用される水晶発振子(発振器)を 使用するにあたっては、極力外部からの影響を受けないように設計することが重要です。 上記の例では、水晶発振子(発振器)の下にパターンが通っています。 このような設計にすると水晶発振子(発振器)とパターンがノイズによって クロストークを起こす可能性が高まります。

電子回路上の基準クロックを生成するための水晶発振子(発信器)を プリント基板上に実装し使用する場合には、 上記のように水晶発振子(発振器)の下には別の信号ライン等のパターンは 通さないようにします。 このようにプリント基板を設計することで水晶発振子(発振器)の ノイズ対策になります。

水晶発振子(発振器)は電子機器の動作タイミングの基準となる、 基準クロックを生成するために使用するのでノイズなどの影響を受けないように 設計し使用することが必要です。 プリント基板上ではパターンとのクロストークによるノイズの影響を回避するために、 水晶発振子(発振器)の下は全層、パターン配線を通さないようにします。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー