プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

差動ペア信号は対称に部品配置を行う

差動配線は、インピーダンスコントロールを行っている場合、パターン間隔が重要ですが、 その他にも注意する点があります。 上記は、パターン間隔を合わせるように部品配置を行っています。 この場合、部品前後のパターン長を調整する必要があり、その分の配線長が長くなってしまいます。

差動で動作する信号ラインの部品配置は、上記のように対称に配置を行います。 差動信号をペア(平行)で配線しておけば、仮にノイズの影響を受けた場合は両方の信号に ノイズの影響が及びます。 両方にノイズの影響が出れば差分は変わらないので、ノイズによる誤動作を回避することが できます。

高速信号伝送の技術としてLVDSなどの差動伝送が増えています。 プリント基板上設計においては、平行・等長配線、インピーダンスコントロール、 同一層配線など様々な注意が必要となります。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー