プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

16bitの信号線は4bit,8bit毎にGNDガードを行う

プリント基板を設計する際、メモリなどのバス配線で、多数のパターンが並行して配線される場合 があります。 上記の例では、16bitの信号線が並行に配線されています。 このような配線の場合、隣のラインからのクロストークの影響を受けやすくなっています。

プリント基板のメモリなどのバス配線で、多数のパターンを並行して配線する場合、4bitごとに GNDガードを行います。 これにより、隣のラインからのクロストークの影響が少なくなります。 配線スペースの関係で、4bitごとのガードが難しい場合は、8bitごとにガードを行います。

バス配線の信号1本ごとにペアでGNDラインを配線し、ガードを行えば、クロストークは 抑えることができます。 ただし、配線スペースが必要となります。 信号1本ごとのGNDガードが難しい場合は、数本まとめてガードを行えば効果があります。

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー