プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイントノイズ対策を考慮した
プリント基板設計のポイント

差動ペア配線に隣接するパターンの間隔に注意する

プリント基板に配線する、差動ペア信号の差動インピーダンスは、 パターン幅、差動ペア間の間隔、隣接するパターンとの間隔によって決まります。 差動ペア信号同士は当然ですが、 隣接するパターンが近いと差動インピーダンスの整合が取れなくなります。 隣接するパターンの中にはGNDも含まれます。 上画像は、パターンとGNDベタ間のクリアランスがパターン幅と同じとなっています。

プリント基板に配線する、差動ペア信号と隣接するパターンは、 パターン幅の2倍以上の間隔が必要です。 (パターン幅0.15mmの場合、0.3mm以上の間隔が必要) 差動ペア信号の周囲がGNDベタであっても、パターン幅の2倍以上の間隔が必要です。

プリント基板に配線する、差動ペア信号の差動インピーダンスは、パターン幅、差動ペア間の間隔、隣接するパターンとの間隔によって決まります。これらを守ることでノイズに影響されにくいパターン配線となります。

reddoted.gif

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー