終端抵抗は受信端の後に配線する | ノイズ対策.com

bar



ノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイント
18.終端抵抗は受信端の後に配線する
p18before.png

ノイズを抑えるために使用される終端抵抗は、最終受信端(Rx)の近傍に配置するだけで良いと

いうことではありません。

上記の例では、終端抵抗が最終受信端(Rx)の近くには配置されていますが、前に配線されて

いるため想定したノイズ低減効果を得ることができません。

 

SANKAKU.gif
p18After.png

終端抵抗によって最大限のノイズ低減効果を得るためには、最終受信端(Rx)の近傍に配置す

るだけではなく、最終受信端(Rx)の後に配線する必要があります。

上記のように配置することで初めて終端抵抗によるノイズ低減効果を得ることができます。

 


ノイズを低減する目的で使用する終端抵抗を配置する場合は、最終受信端(Rx)のあと

に配置する必要があります。

最終受信端(Rx)の前に終端抵抗が配線されている場合は、反射が発生しノイズによる

誤動作の原因になります。

ノイズを抑えたプリント基板が必要な場合はこうしたノイズ低減のための部品の配置・

距離などをケアして設計することが必要です。

 

reddoted.gifノイズ対策を考慮したプリント基板設計のポイント


   
   
   
   
   
   
   
   
   
bnn_Inq.gif