プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

実装を考慮したプリント基板設計のポイント実装を考慮したプリント
基板設計のポイント

基板端と部品の距離

プリント基板設計時に製造工程を意識せずにいると、 基板端に部品を配置してしまう場合が考えられます。 この場合はマウンタでの実装ができません。

基板端から部品までの距離は5mm以上空けるようにします。 SMDの場合、マウンタのレールが3mmほどありますので少し余裕をみて 5mm空けるようにします。 5mm未満の位置にある部品は、後付け対応となり、工程が増えてしまいます。 また、手作業となるため品質的にも影響のある可能性があります。

プリント基板の設計時に製造工程まで考慮することで、品質向上につながります。 位置指定など基板端付近に部品を配置する必要がある場合は、捨て基板を設け、 距離を確保します。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー