プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

実装を考慮したプリント基板設計のポイント実装を考慮したプリント
基板設計のポイント

基板認識マークを非対称に配置する

基板認識マーク(フィデューシャルマーク)は、SMDをマウンタ実装する際に、 プリント基板を認識するために使用します。 上の例ではプリント基板の対角に配置していますが、基板端からの距離が同じとなっています。 仮にマウンタへの投入方向を180°間違えてしまった場合、 2つの認識マークの位置が同じであれば、基板が誤って認識されて しまいます。

基板認識マーク(フィデューシャルマーク)は、基板の対角に配置しますが、 基板端(角)からの距離が同じにならないようにします。 2つの認識マークの位置が異なっていれば、基板を投入した時点で マウンタの認識が取れず、間違いに気づくことができます。

プリント基板の基板認識マーク(フィデューシャルマーク)は、 基板端(角)からの距離が同じにならないように(非対称となるように)します。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー