プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

実装を考慮したプリント基板設計のポイント実装を考慮したプリント
基板設計のポイント

フローはんだ時は流し方向を調整する

産業用のプリント基板では手挿入が多くまだまだフローはんだによる実装が行なわれますが、 DIP部品の実装を行なう際にはフローを流す方向に注意することが必要です。 フローはんだの際は、 流す向きに対しDIP部品を縦にすると、はんだの“波”の影響によって はんだづけの不具合が発生しやすくなり、修正などの手間がかかってしまいます。(流し方向左右)

DIP部品をフローはんだにて実装する場合、DIP部品の実装の向きを再検討することも重要で すが、プリント基板上のスペースや回路などの制約によってすべてが対応できる訳ではありま せん。このような場合はフローはんだの流し方向を変え縦向き実装になる部分を減らし、極力 修正時間を短縮するようにして対応します。

プリント基板を製作する上では、実装した後の手作業による修正は作業効率やコストの面 で不利になりますが、さらに品質の確保といった面でも問題になります。 フローはんだでDIP部品などを実装する際には極力DIP部品の配置方向を揃えることと、 DIP部品に対しフローを流す方向を横向き(直角)にするようにします。

同じカテゴリのの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー