プリント基版の設計段階から行うノイズ対策

実装を考慮したプリント基板設計のポイント実装を考慮したプリント
基板設計のポイント

Vカットと部品の位置の位置関係に注意する

複数のプリント基板を面付けする場合、Vカットを使用することがあります。 コネクタなど部品によっては、基板の外側にはみ出していることもあります。 部品を実装後、基板を分割しますが、Vカットの上に部品があると、 基板分割時に割りにくくなり、割った基板が当たり部品を傷つけてしまう可能性も あります。 コネクタなどの部品の中には、基板のふちにかかる場合があります。 この場合は、実装時に部品が浮いてしまいます。

複数のプリント基板を面付けする場合、Vカットと部品の位置には注意が必要です。 部品と重なる箇所はスリットにするなどの配慮が必要です。 コネクタなどの部品で基板のふちにかかる場合は、スリットを設け、 実装時に部品が浮いてしまわないように注意が必要です。

プリント基板の設計には、実装後の対応についても考慮が必要となります。 製造工程まで考慮することで、品質向上につながります。

同じカテゴリの記事を見る

プリント基板設計の勘所カテゴリー