プリント基板技術者のつぶやき

GND関係

パスコンとは

バイパスコンデンサ(通称:パスコン)は、電源とGND間に接続されてノイズを吸収する役目を持ちます。コンデンサなので充電や放電をするわけですが、ノイズ成分の山の部分を充電で小さくし、谷の部分を放電で小さくするという事になります。別の言い方をすると、コンデンサは高周波が通過するので、電源のノイズ成分をGNDに逃がしているという事になります。

電源回路には高容量(数10uF~数100uF)のコンデンサが付けられますが、それは主に電源の低周波変動を吸収するために用いられます。高周波の変動ノイズを主に吸収するためには、小さな容量(0.01uF~0.1uF程度)のコンデンサを用いる事になります。こういった小容量パスコンは、ノイズ源に近い所に置かないとノイズ吸収効果が出ないため、半導体デバイスの電源ピンごとに出来るだけ近くに配置するのが一般的です。

パスコンにはデバイスの電源ピン内のノイズを外部に漏らさない効果がありますが、他のデバイスから漏れて電源に存在するノイズをデバイス内に入れないという効果もあります。

次回は、容量の選定についての予定です。

他のGND関係の記事を見る

つぶやきカテゴリー