プリント基板技術者のつぶやき

GND関係

QFPのパスコン配置

プリント基板設計で、QFPのパスコンを配置する場合には、配線を引く前の段階で電源ピンのすぐ近くにパスコンを配置することが望ましいです。

他の配線を引いてからだと、パスコンが電源ピンから離れた位置にしか置けなくなるからです。

パスコンを QFP ICの裏面に配置する人がいますが、これは出来るだけ避けた方が良いです。

「パスコンが裏面にある=電源ピンからビアを通ってパスコンにつながる」と言うことですから、電源ピンとパスコンの間にビアのインピーダンスが入り込んでしまうことになり、パスコンのノイズ除去能力を下げてしまうことになります。

ノイズ除去された電源をIC電源にそのまま供給することと、電源ピンからのノイズを除去する2つの意味から、パスコンは出来るだけ電源ピンに近づける事が重要です。

次回は、BGAのパスコン配置について

他のGND関係の記事を見る

つぶやきカテゴリー