ノイズ対策のよくある質問

ノイズ対策 よくある質問

なぜ直角配線はだめですか?

なぜ直角配線はだめですか?

プリント基板での配線では、直角配線ではなく45°(135°)の配線がよいと聞きますが、なぜでしょうか?
プリント基板で直角配線を行うと、直角部分のパターン幅が広くなることになります。そのため、インピーダンスが急激に変化し、ノイズが発生しやすくなります。45°配線にすることで、パターン幅の変化を小さくすることができます。

また、プリント基板製造の観点からも、鋭角パターンは避けるほうがよいです。高速信号の場合は、R付け配線が必要となります。

パターン・配線についてのよくある質問を見る

  1. なぜ直角配線はだめですか?
  2. ミアンダ配線は何のために行いますか?
  3. パスコンの配線はどこに注意すればよいですか?
  4. GNDガードの端はどのように処理すればよいですか?
  5. ビアがたくさん並んでいると、どんな問題がありますか?
  6. GNDベタの端が細長くなってしまいますが、どうすればよいですか?
  7. 差動ペア信号は、どのように配線すればよいでしょうか?
  8. GNDベタ作成時の注意点はありますか?
  9. ミアンダ配線は何か注意する点はありますか?
  10. IC入力部のコンデンサの配線で注意点はありますか?
  11. フィルタの配線で注意点はありますか?
  12. ICの下側はどのように配線すればよいでしょうか?
  13. グランドプレーンが分断されると、何が問題になりますか?
  14. 基板外周はベタGNDにしたほうがよいでしょうか?
  15. 多層基板の配線で注意することはありますか?
  16. デジタル回路からノイズが発生する原因は何?

ノイズ対策Q&A