ノイズ対策のよくある質問

ノイズ対策 よくある質問

ミアンダ配線は何か注意する点はありますか?

ミアンダ配線は何か注意する点はありますか?

ミアンダ配線は、ノイズ対策の観点から何か注意する点はありますか。
プリント基板設計でミアンダ配線を行う際は、パターン幅よりもクリアランスの方を大きく取り、間隔を広げるように設計します。

具体的には、クリアランス = パターン幅 × 3 程度で設計することでノイズが伝播しにくくなり、想定どおりの遅延を得ることができます。

パターンの間隔が狭いと想定の遅延を得ることができません。

クリアランス = パターン幅の場合、パターン間の距離が近すぎてノイズが伝播し、隣の配線の影響を受けてしまいます。

等長配線の目的でミアンダ配線を行うため、配線長調整の工数も必要となりますが、スペースも大きく必要となるため、あらかじめ考慮しておくことが大事となります。

パターン・配線についてのよくある質問を見る

  1. なぜ直角配線はだめですか?
  2. ミアンダ配線は何のために行いますか?
  3. パスコンの配線はどこに注意すればよいですか?
  4. GNDガードの端はどのように処理すればよいですか?
  5. ビアがたくさん並んでいると、どんな問題がありますか?
  6. GNDベタの端が細長くなってしまいますが、どうすればよいですか?
  7. 差動ペア信号は、どのように配線すればよいでしょうか?
  8. GNDベタ作成時の注意点はありますか?
  9. ミアンダ配線は何か注意する点はありますか?
  10. IC入力部のコンデンサの配線で注意点はありますか?
  11. フィルタの配線で注意点はありますか?
  12. ICの下側はどのように配線すればよいでしょうか?
  13. グランドプレーンが分断されると、何が問題になりますか?
  14. 基板外周はベタGNDにしたほうがよいでしょうか?
  15. 多層基板の配線で注意することはありますか?
  16. デジタル回路からノイズが発生する原因は何?

ノイズ対策Q&A