差動ペア信号は、どのように配線すればよいでしょうか? | ノイズ対策.com

__sozai__/0011793.png差動ペア信号は、どのように配線すればよいでしょうか?
差動ペア信号のプリント基板設計時の配線は、どのような点に注意すればよいでしょうか。

 

プリント基板上の差動ペア信号は、同一層で並行配線とし、
  等長配線となるように配線を行います。


  並行(平行)で配線しておけば、
  仮にノイズの影響を受けた場合は両方の信号にノイズの影響が
  及びます。
  両方にノイズの影響が出れば差分は変わらないので、
  ノイズによる誤動作を回避することができます。


  同一層で配線を行うことも重要です。

  等長という観点からも、
  表層と内層では信号伝達速度が異なるため、
  同一層で配線する必要があります。


”パターン・配線について"


saishin.gifkiso.gif
01.gifVカットと部品の位置の位置関係に注意する01.gifノイズとは
02.gifミシン目と部品の位置関係に注意する02.gifノイズ対策の方法
03.gif基板認識マークを非対称に配置する03.gifプリント基板の設計段階から行うノイズ対策
 

bnn_Inq.gif