プリント基板技術者のつぶやき

EMS参考情報

EMS対策について

ノイズ対策をする対象の製品の様々な設置環境・用途・ユーザーを理解することも必要です。

例えば、出入り記録用の端末を作ったとします。

革靴を履き冬場の着膨れた状態で満員電車から出て来た人が、ファーストタッチで触れる可能性のあるような端末なら、静電気試験(IEC 61000-4-2)Level 4若しくはそれ以上の強度が必要かもしれません。

逆に、温度湿度管理が出来ていてサーバ管理者が想定出来るサーバ室の入り口で使用する場合、Level 2でも対策しすぎかもしれません。

同じ物を作っても想定でEMS対策は変化します。

他のEMS参考情報の記事を見る

つぶやきカテゴリー