プリント基板技術者のつぶやき

発振器関係

発振子の配置について

水晶発振子とICを接続するプリント基板パターンは
浮遊容量や配線のインダクタンスによる特性の劣化を防止する為に
配線長が最短になるように配置をします。  

スルーホールもノイズの発生源になりますので
ICと同一面に発振子を配置し、配線をすることが望ましいです。  

また、ノイズは主にインバータのOUT 側から発生するので、
OUT側のパターン長を最短にするのがよいようです。

他の発振器関係の記事を見る

つぶやきカテゴリー