ノイズ対策の用語集

用語集

マイクロストリップライン

マイクロストリップライン

マイクロストリップラインとは、ストリップラインをつぶして片側のシールド面を取り外した構造の伝送路のこと。英語では、microstrip lineと表記する。

ストリップラインとマイクロストリップラインは、どちらもプリント基板に高速伝送線路を配線する方法のことです。
ストリップラインは絶縁材で覆われた伝送路で、マイクロストリップラインは基板の外層に配線された伝送路になります。

マイクロストリップラインは、表面導体から裏面導体に向かう電界と表面導体周囲を囲む磁界によって電磁波を伝送しています。
これは基板の表面層に配線された伝送路になるため信号特性はストリップラインより優秀です。
また、製造プロセスが単純であることからストリップラインよりもコストが節約できます。
一方で、ストリップラインはトレース幅が狭くなるため回路を高密度にできコンパクトなデザインをすることができます。
ストリップラインの内層配線はEMIを抑えるため、より確かな危険防止策ができます。

ストリップラインとマイクロストリップはそれぞれ長所が異なるため、どちらの方法がより適しているかの判断は設計ニーズによって変わります。
たとえば、高密度の高速設計では多層基板で両方の方法を併用して設計目標を達成する場合が多いでしょう。

その他の用語はこちらから
https://www.noise-counterplan.com/glossary/

シミュレーションデモ

ノイズ対策ハンドブック無料プレゼント!

このサイトは、ノイズに強いプリント基板を設計・開発する技術者のためのサイトです。

用語集一覧に戻る

ノイズ対策チャンネル