ノイズ対策の用語集

用語集

輻射ノイズ

輻射ノイズ

輻射ノイズは、空間に放出されるノイズのことです。放射ノイズとも呼ばれます。

ノイズは、伝わり方によって「伝導ノイズ」と「輻射ノイズ」の2種類に分けられます。
伝導ノイズがあると、電源線やケーブルなどをアンテナとして電磁波が放出されます。
この電磁波は不要電磁波であり、輻射ノイズと呼ばれます。
つまり、電子機器の内部から空間に放出されて電波となったノイズが、周辺にある電子機器に妨害を与えるノイズを指して輻射ノイズとなります。

通常のノイズ対策は、ノイズルートに対してシールドとEMIフィルタを使う方法が基本ですが、輻射ノイズ対策にはシールドだけでは不十分です。
なぜなら、ケーブルに繋がるセットから輻射することがあるからです。
そのため、EMIフィルタを使って電源線やケーブルに流出するノイズをカットする方法が用いられます。

輻射ノイズ対策の基本は、ノイズを輻射する導体にノイズを流出させないことです。
したがって、アンテナとなる導体にノイズが伝わる前にEMIフィルタでノイズをカットするのが適切と言われています。
主な方法としては、ケーブルにつながるラインにEMIフィルタを挿入する方法です。
ただし、必要に応じてパターンにつながる信号ラインにもEMIフィルタを使用します。

 

その他の用語はこちらから
https://www.noise-counterplan.com/glossary/

ノイズ対策ハンドブック無料プレゼント!

このサイトは、ノイズに強いプリント基板を設計・開発する技術者のためのサイトです。

用語集一覧に戻る