ビアがたくさん並んでいると、どんな問題がありますか? | ノイズ対策.com

__sozai__/0011793.pngビアがたくさん並んでいると、どんな問題がありますか?
プリント基板設計時、ビアがたくさん並んでいると、どんな問題がありますか?

 

ビアが近い間隔で連続して配置されると、
   ビアのクリアランスによりスリットができるため、
   内層プレーンが分断されることになります。

   そのようなパターンになると、信号のリターン電流がスリットを
   大きく迂回することとなり、ノイズが発生しやすい回路となります。


   プリント基板設計の都合上、
   どうしてもビアを多く打つ必要がある場合は、
   ビアの間隔を広げるか、または、ビアの内層クリアランスを狭め、
   間にパターンが通るようにします。

   電流がビアとビアの間を通ることができ、
   大きく迂回することなく電流が流れるのでノイズを抑えることができます。

”パターン・配線について"


saishin.gifkiso.gif
01.gifVカットと部品の位置の位置関係に注意する01.gifノイズとは
02.gifミシン目と部品の位置関係に注意する02.gifノイズ対策の方法
03.gif基板認識マークを非対称に配置する03.gifプリント基板の設計段階から行うノイズ対策
 

bnn_Inq.gif