なぜ直角配線はだめですか? | ノイズ対策.com

__sozai__/0011793.pngなぜ直角配線はだめですか?
プリント基板での配線では、直角配線ではなく45°(135°)の配線が
よいと聞きますが、なぜでしょうか?

 

プリント基板で直角配線を行うと、直角部分のパターン幅が広くなることになります。
   そのため、インピーダンスが急激に変化し、ノイズが発生しやすくなります。
   45°配線にすることで、パターン幅の変化を小さくすることができます。
   また、プリント基板製造の観点からも、鋭角パターンは避けるほうがよいです。
   高速信号の場合は、R付け配線が必要となります。
”パターン・配線について"


saishin.gifkiso.gif
01.gifVカットと部品の位置の位置関係に注意する01.gifノイズとは
02.gifミシン目と部品の位置関係に注意する02.gifノイズ対策の方法
03.gif基板認識マークを非対称に配置する03.gifプリント基板の設計段階から行うノイズ対策
 

bnn_Inq.gif