EMS障害調査編 - 事象の観察方法 - | ノイズ対策.com

bar



調査編 - 事象の観察方法 -

●EMS障害を解く手がかり
不具合の発生した現場の情報収集と現場検証を素早く行います。


単純ですが、
外来ノイズがあった状況が残っている段階で
調査出来るかが明暗を分けます。

EMS障害の対策で難しいのは、
外来ノイズの要因が推測しきれない状況に陥り易いのと、
個体によって発生確率が全く違うことです。

 例)電波の干渉を起こす要因(電子レンジなど)が把握出来なければ、
      調査は難航する。
 例)静電気の伝達経路がケースのバリであった場合個体差が著しくなる。

即ち、
  @発生した現象
  A発生しやすい調査対象の特定
  B発生しやすい環境
を正確に収集するためには、スピードが大切になります。

 【情報収集ポイント】
 ・発生した現象の詳細
   (停止状態,停止時刻,イベントログ,異音,発熱など)
 ・温度,湿度,天気(乾燥,雨,落雷など)
 ・接続状況(インターフェイス,電源,アース)
 ・トリガになったと疑われる現象の確認 
   (筐体タッチ,電熱器や照明のオフオン,蛍光灯のジリジリ音など)
 ・他の電気機器で異常
   (音響機器のノイズや画面のフリッカなど)は無かったか

●情報共有を徹底しよう
情報収集や現場検証したらその情報を
可能な限り多くの関係者で共有すると良いでしょう。

外来ノイズの正体を特定するのはとても大変です。

外来ノイズの影響を受けやすい製品単品で使っていた
ハード,ソフト開発者や試験担当者が良く似た現象を
知っている場合があります。

観察眼が肥えていることもあり、
この部分を触ると再現するなど大変貴重な情報が
得られるとがあります。



bnn_Inq.gif