EMS障害調査編 - 障害の切り分け方法 - | ノイズ対策.com

bar



調査編 - 障害の切り分け方法 -

今回はEMSに関するトラブルの調査方法のコツを解説します。

EMS障害は環境不適合に含まれますが、
EMS障害に起因するトラブルであると
如何に早く見抜かがポイントとなります。

EMS障害は他の不良に比べ顕著な傾向が無く、
経過観察をしているうちに被害が蔓延してしまうパターンに
嵌り込む危険が高いのです。


 【動作不良要因と発生傾向】

 ・ハード設計不良,ソフト不良
  製品投入前の評価が難しい機能,タイミングで発生。

    リリース後の機能追加も注意。
 ・初期不良

  製品投入後3ヶ月ほど要注意。製造ロットで傾向が出る。
 ・経年劣化

  製品の返品状況を観察。消耗品の劣化具合と長寿命部品の修理増加
    (設計寿命との乖離)に注意。

 ・環境不適合
  外気温,湿度,外部電源に関わるものは傾向が掴みやすい。
  EMS障害は傾向が掴み難い。


●EMS障害は他の不良に比べ顕著な傾向が無い
EMS障害は傾向が掴み難い理由を掘り下げます。

ハード設計不良,ソフト不良は、
動作不良時に発生した現象とその要因の関係が明瞭で、
突き詰めることで発生確率は100%に近づきます。

初期不良や経年劣化も統計を採ることで傾向を掴めます。

環境不適合のうち、外気温,湿度,外部電源に関わるものは
環境試験をキツ目に行うことでウィークポイントが分かります。

対してEMS障害は、外来ノイズ発生要因がない限り再現しません。

また、
外来ノイズに当てられるタイミングによって
動作不良の内容、発生確率が変化します。



bnn_Inq.gif