”EMI”と”EMS” | ノイズ対策.com

bar



”EMI”と”EMS”

EMC(Electro-Magnetic Compatibility:電磁両立性)は、
妨害電波を規制するEMI(Electro Magnetic Interference)と
外来ノイズの耐性を示すEMS(Electro Magnetic Susceptibility)
の2面があります。

EMCの規格としてクローズアップされやすいのはEMIです。

電気機器から放出される不要な電気的ノイズを
エミッション(emission)と呼び、
電磁波が特に問題になりやすくノイズ対策と言えば不要輻射測定を
連想される方が多いと思います。

CISPRやVCCIで規定され、設置環境によって定められたリミットを守らなれば
製品を販売出来ず、多くの関係を悩ませます。

EMSはイミュニティ(immunity)とも呼ばれ、
電気機器が電気的ストレスのどの程度耐性を持っているかを指します。

国際的な電気関係の標準基準規格を定めるIECが規定した
IEC61000-4シリーズなどで試験されます。

ただし、
IEC61000-4シリーズに定められた最低レベルの試験をパス出来なくても
製品化出来ます。

では
 ”IEC61000-4シリーズの規格自体一体何のため存在するのか?”
がポイントになります。


次回はEMSの本質に迫ります。


bnn_Inq.gif